さらへち日記

サラリーマンへち師の釣り日記

極技 攻ヘチ硬式(並継)

現在使っているタックルについて使ってみた感想を紹介します。

まずはへち竿『極技 攻ヘチ硬式(並継)』です。

(株)宇崎日新(NISSIN)さんの製品です。大型クロダイ対応ヘチ釣り専用モデルと書いてあります。

f:id:salahechi:20200719161135j:image

先端はカラー穂先(白と蛍光オレンジ)で見やすくなっている点も使いやすい。

f:id:salahechi:20200719161237j:image

WOOD調の肘あて

他の竿より高級感があるところが好きです。

f:id:salahechi:20200719161515j:image

初めて購入したへち竿で長さは2.4m。中古ショップで購入したため、手頃な値段でした。

使ってみた感想ですが、初心者🔰には扱い易い長さで、先調子の感度が良く、小さなアタリも良くわかる。こんなに先端が柔らかくて大丈夫?!と心配してしまうくらい。しかし、さすが、大型クロダイに対応と書いてあるだけあって、腰が強くてクロダイの引きにも負けない良い竿です。この硬調子はお奨めです。(50cmの年無クロダイもこの竿で上げています)

あえて難点を言うならば、先端のガイドの滑りでしょうか。

f:id:salahechi:20200719165500j:image

ラインが濡れてくると、軽いガン玉の場合、少しラインが出にくいような気がします。滑りを良くするスプレーを使用すると問題は無いのですが・・・(あくまで中古で購入した竿ですし、若干気になる程度です)

一般的に高価なへち竿はSICガイドなど、値段の高いガイドを使っているので、滑りも良いみたいですね。(へち竿はガイドの数も多いので価格が高くなるのもわかる気がします)

さて、色々書きましたが、全体的な評価としては、この価格帯の竿ではコストパフォーマンスは大変良い竿だと思います。

最後に、今回は中古で購入したため、竿の長さは選べなかったのですが、釣り場によっては、もう少し長さが欲しいと思う場面もあるので、もし、新品を買われる方がいましたら、長さは2.7mを選ばれる方が良いと思います。

※あくまで個人的な感想ですので悪しからず