さらへち日記

サラリーマンへち師の釣り日記

ヘチ釣りエサ『ミジ貝』

清水港のヘチ釣り(落とし込み)でよく使うエサを紹介します。『ミジ貝』です。正式に何と言う名前の貝なのかわかりませんが、清水港で取れる貝です。

初心者なので、ずっと『カラス貝(イガイ)』だと思っていたのですが、どうも種類が違うようです。細長くピーナッツのような形をしています。

f:id:salahechi:20200801181504j:image

 

エサの採取について

株式会社ベルモントさんの『イガイ取り器』を購入。金属製の熊手のような製品です。実はイガイ取り器は2個目。初回は別のメーカーのもので一番安い製品を買ったのですが、力が入らずに上手く取れなかった経緯があります。この商品は頑丈なのでお奨めです。

中古で買った2mの玉の柄に取り付けして使用しています。柄が壊れる可能性があるので、タモとは別に用意したほうがいいと思います。

また、実際に使ってみると、貝が下に落ちてしまって取りこぼしも多かったことから、目が細かいタモ網を用意して併用して使っています。

f:id:salahechi:20200801192906j:image

干潮時にはこんな感じで貝が付いているので、必要分だけ採取します。ただし、他の釣り師の邪魔にならないよう、採取場所には注意が必要です。

f:id:salahechi:20200801193110j:image

 

エサの付け方

大きめの貝は1枚掛けで。

f:id:salahechi:20200801193259j:image

小さめの場合は2枚掛けで。

f:id:salahechi:20200801193354j:image

小粒の場合は団子状にして針に掛けます。貝団子は結構、大物の実績もあります。ただし、下のほうだけ噛られたりすることもあり、状況に応じて大きさをどうするかがポイントな気がします。

f:id:salahechi:20200801193458j:image

どの付け方でも釣れたので、どれが一番いいのかは正直わかりません。勝手なイメージですが、エサが上手に付けれたと感じた時には釣果に繋がっている気がします。自然な感じでエサが落ちるからでしょうか?

釣れない時には、エサの付け方を変えたり、いろいろ試してみたほうが良いかと思います。

この記事はすべて自己流ですので、悪しからず。