さらへち日記

サラリーマンへち師の釣り日記

自動針結び器を購入?!『Hapyson 針結び器 SLIMⅡ』

今日は、釣り道具の『自動針結び器』について紹介します。

ハピソン(Hapyson)さんの 『YH-720 乾電池式 薄型針結び器 SLIMⅡ』です。

f:id:salahechi:20210620160024j:image

f:id:salahechi:20210620160143j:image

今まで針は色々なハリスを使いたいので、自分で結んでいました。しかし、どうしても不器用で...自分で結んだ針が釣り場でほどけることもしばしば(@_@)

これは困ったぞ?!ということで、針結び器を釣具店で探していると自動針結び器と出会いました。

値段が4,000円前後ということで、迷いましたが、ついつい購入( ゚Д゚) 

(ネット販売のほうが安かったかもしれませんが、早く欲しくて...)

使ってみた感想は?

【メリット】

①とにかく簡単!!

 最初は説明書を見ながら、時間が掛かってしまいましたが、慣れてしまえば、1分もかからず針を結ぶことができました(^^)/

②商品は軽くてポケットサイズ!!

 結構軽いし、これなら釣り場に持って使えそう!!袋付きでした。

③結び目は結構丈夫!!

 今のところ、釣り場で、針がほどけることはありません。むしろ、ハリスが痛んで切れるほうが多いくらいです。

【デメリット】

正直、価格が少し高いことでしょうか(@_@)

自分で巻くか、楽をするか、人それぞれ価値観が違うのでなんとも言えませんが...

(私の場合は、不器用なので、価格に見合った商品だと思っています。) 

使い方(手順)

まずはスライダ(黄色)を下げます。

f:id:salahechi:20210620160322j:image

次に針をセットします。 

(針セットを引きながら針を差し込みます。)

f:id:salahechi:20210620161542j:image
糸の先(4~5cm)を糸押さえに挟みます。

f:id:salahechi:20210620161232j:image

続いて糸ミゾに糸を通し、本体の裏側に糸を回します。

f:id:salahechi:20210620165602j:image

裏側に回した糸は張りながらスライダ(黄色)に掛けて表側に回します。

f:id:salahechi:20210620165804j:image

表側に回した糸は針の右側に合わせて、再度糸ミゾを通します。

横から見るとこんな感じ。

f:id:salahechi:20210620170201j:image

糸を張ったまま、スイッチを『入』にして滑車を4~5回、回転させます。

f:id:salahechi:20210620170506j:image

スライダ(黄色)を上に上げます。

f:id:salahechi:20210620170713j:image

あとは糸を引っ張ります。

f:id:salahechi:20210620170758j:image

針セットの固定を解除、針を持って、矢印の方向に引っ張ると、短い糸がカットされます。(カットする糸の長さ調整をしてください)

f:id:salahechi:20210620170914j:image

これで完成です。

f:id:salahechi:20210620171200j:image

慣れると1分も掛からないかもですね。

これでも分からない方は説明書もご覧下さい。

f:id:salahechi:20210620171401j:image

以上が使い方でした。

簡単でしょ??使ってみると便利な道具ですね。

正直、慣れてしまうと、手放せなくなりますよ(^^♪

結構おすすめな商品だと思います。

もし購入を考えている方がいましたら、参考になれば幸いです。

参考までに 

★私のヘチ釣り仕掛けです。

salahechi.com

★今回、ご紹介した自動針巻き器です。

【Hapyson ホームページ】 

針結び器 | Hapyson